読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

阪急電車に乗りながら毎日旬な情報をお届け

毎日通勤に使う阪急電車にに乗りながら色々な情報をアップしていきます。

髪の悩みと育毛剤について

近年は育毛剤の種類も幅広く、飲むタイプや、塗るタイプなど、様々です。

 

様々な育毛剤がありますが、中でも飲む育毛剤は、髪を育てるために必要な栄養素を口から補給するというものです。

 

しかし、飲む育毛剤は効果が高い分、外用薬よりも副作用のリスクは若干高くなっています。サプリメントタイプ、フィナステりドタイプ、ミノキシジルタイプと、3種類の飲む育毛剤が、今は存在しています。

 

副作用の症状としては、それほど深刻なものは無いようですが、外用薬よりも慎重に選ぶ必要はあるといえます。

 

フィナステリドは比較的副作用が弱い薬ではありますが、性欲の減退や頭痛、胃痛などの症状が起こることがあります。

 

多毛症、全身のほてり、めまいといった症状が、ミノキシジルの飲む育毛剤では、最も起きやすいということが指摘されています。

 

頭部の皮膚がかゆくなることもあります。アレルギーによって炎症を起こす方もおり、湿疹、かぶれ、フケ症といった副作用が生じる場合もあります。

 

ミノキシジルは高血圧の治療薬としても利用されるため、育毛剤を飲んだことで低血圧になる場合もあるようです。

 

サプリメント系の飲む育毛剤の場合には、とくに副作用は無いといいます。

 

現在薬を服用している人は、飲む育毛剤を利用する場合には、主治医に相談してからにしましょう。