読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

阪急電車に乗りながら毎日旬な情報をお届け

毎日通勤に使う阪急電車にに乗りながら色々な情報をアップしていきます。

石油式のストーブは料理も出来る

私は、北国に住んでいるので暖房器具は「エアコン」や「電気ストーブ」では暖まった感じがしません。

 

やはり、火の見えるストーブが心地良いです。エフエフ式の温風と組み合わせて使用しています。冬は、煮豆やサツマイモなどが本当に「あったか美味しい」ですよね。反射型ストーブの良いところは、暖まりながら同時に「煮物」などの調理が出来る点です。

 

昔のように「お餅」を焼いて食べることは無くなりましたが。「煮豆」は、何故だかガスで調理するよりも、ストーブの上に鍋をのせておくと、調度良い煮え具合になります。

 

カボチャもどうやらそのような感じです。ガスに鍋をかけながら他の事をすると、ふと忘れて鍋を焦がすという失敗もたまにしてしますますが、ストーブの場合、近くに座っているのでそういう心配もありません。

 

昨年、はまったのは、「陶板」という鍋(土鍋のようなもの)です。頑丈な陶板なので、庭の石を10個ぐらい拾って洗い、鍋に敷き詰め「焼き芋」作りに使いました。

 

まるで、焼き芋屋さんから買うようなホクホクの焼き芋が出来ます。ジャガイモや、里芋も「陶板」の中で加熱すると素材の旨みが逃げない下ごしらえが出来て、おでんの具材に「ジャガイモ」を入れるようになりました。一挙両得といった感じです。